BACK
ドメインの取得をオススメいたします。


接続プロパイダから割り当てられたサービススペースのホームページアドレスで公式ホームページアドレスとして公開されている企業も今だ多いようですが、インターネット業界の流れは確実に独自のドメインを取得する方向に向いています。

わかりやすく申し上げると、会社の所在地を郵便局の私書箱を借りている環境から独自の事務所の住所を公開するという関係に似ています。

ホームページのアドレスが接続プロパイダなどから与えられた

http://www.○○○.ne.jp/お客様名/

などでは、「●●●.ne.jp」というネットワーク(例:ビル)から「~お客様名」という場所(例:一部屋)を借りている意味を示します。

数年前までは独自のドメインを取得する事はできなかったのですが、現在では簡単に

http://www.お客様名.co.jp/
または
http://www.お客様名.com/

などというように、企業名/製品名等でオリジナルのURL(アドレス)を取得する事ができます。
このドメインは先着順ですので、ホームページの開設、リニューアルを考えられている場合はドメインを取得しての開設をお勧めさせていただきます。

当社ではドメイン名のつけ方からの取得まで全て行う事ができますので、是非お気軽にご相談下さい。